休みだったのでmi Air13の音楽制作環境を作ろうと思ってテンプレートを作ろうとしたら、メイン環境と異なる環境を作っちゃったら互換性なくなることに気が付いて、遠慮してその音源なりfxを使わなくなる理由になるとしたら足枷だから極力互換性のあるい環境を作ろうと思った。当たり前のことだけどこんなことを意識したのはこれが初めてだわ。

 だけどいきなり、wavesを入れるのかどうするかで問題に直面した。入れなくていいやろ、と思ってたけどH-Delay使うクセはもうついてしまって戻らないような気がする。別にStudioOne付属のBeatDelayとかなんとかdelayでもいいんだけど。。やっぱりアレもコレも入れたいかもしれない。うん入れたい。あー入れたい。本音YESだな。
 と思ってライセンスの使いまわし方見てたら今更wavesが脱iLokしてたことに気が付いた。今まで直PCアクティベートしていたけど使いまわそうと思ったらiLokじゃなくてUSBメモリが必要になってくるんだった。うおおおめんどくさ。ドングル増えるばっかりやんか。eLicenser/iLok2/waves用のUSBメモリの3本も必要になる。ここで遠い昔話をするとik multimediaさんのT-racksも大昔はドングルだったよなぁ。。

 一長一短なので悪いことばかりじゃなくていいこともあるんだけど、この大雑把な性格だと管理が心配なのです。DTM板とか見てたらUSBメモリの破損の大半は端子接触部分の破損ということで、極力抜き差しをしないように、可動USBジョイント端子みたいなの(100均とかでも売ってるやつ)に挿してそこはもう永遠未来抜き差ししないぐらいの心意気の人も見た。すげえと思うけど自分には無理。
 あと、USBメモリは消耗品と割り切って一年に一度は替えますって人も。すげえと思うけどもったいないのでこれも自分には無理。

 とりあえずUSBメモリを買いに行くのは決定事項なのだけどこのmi Air13にはUSBポートが二つしかない。一個をマウスに割り当てるともう一個しか残らない(マウスはマウスですごく悩みどころなのであるけどそれはまた別の話にします)。zwiftやるのにant+レシーバーも使いたい。waves/ant+は両方同時に使うことはないので抜き差しすればいいのだけど、さっきも書いたとおりデリケートな記事を見てしまった僕としては抜き差しをあまりしたくない。ハブに挿しっぱなしとでハブごと抜き差しするというのも考えたけどあんまりカッコイイやりかたには思えない。むむむむ答えがない。

 思えないけど、、とりあえずやっぱりUSBハブに挿すのが安全策かなぁ。

 と思ってドスパラに買いに行こうとしたけど近所の駐車場全部満車で高島屋の駐車場みたら40分待ちってなってたので車から降りずなんも買わずに帰ってきました。おれの作業はとにかく何にもすすまない。でもこういう迷いがたのしいんだなぁ。

あ、買い物はできなかったけど弱虫ペダルスタンプラリー@京都タワーは行ってきましたよ。結構スタンプそろえるのはハードル高いと思いました。
あと、地元京都なのに御堂筋くんの扱いが小さいんじゃないかと思いました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin