消費税増税の際に行われる消費者還元なんですが、結構これも分かっていない人が多くてこれ大丈夫か、と心配になります。

雑に言うと中小企業でキャッシュレスを導入してる店舗はこれの権利があるわけなのですが、ただ該当者(社)であればもれなく5(2)%還元が受けられると思ってる人がいた。「え、そうなの?」って言われてビビった。

今回、大手は除外して中小企業以下だけが該当になるのでテレビとかであんまり目立ったCMもなければ街で告知で煽ってるようなことも少ないもんだから、中小企業の当事者意識の無さったらない。中小企業の多くは「みんながやったらそれにあわせてやろう」「直前になったらニュースでやるだろうからそれからでも遅くない」みたいな意識なんだよね。

今回の消費者還元の該当者になるためには中小企業の基準であること以外にも、加盟店番号を取得して経産省に決済事業者を通じて加盟店申請を行わなければならないのですが、これをうっかり忘れてることがあります…ありました。ワシです。

気がついたのは8/30ぐらい。あれ、わすれてるヤバ

ってなって慌てて決済事業者に問い合わせたら、決済事業者が用意したweb登録画面で登録してくれたら9/6までの受付は10/1に間に合うはずだよ、みたいな返事をもらったので早速登録した。言うても8/30だから締め切りより一週間ぐらい早く手続きはしたんだよね。
その際に決済事業者と軽い雑談してる中で「ウチの取引先でまだ加盟店手続きが通った会社はゼロなんです。どうも遅れてるっぽい」と言ってたのがあとからメチャクチャ気になってきて。ん、これ大丈夫なんかなぁ、、と思いながら9/6の締切日、公開されている加盟店リストにはウチの会社は載っていない。まぁそれはわかるんだけどいろいろwebで検索していたら、「加盟店ID発行手続きには一か月ぐらいかかることも」なんて記述を見つけた。おい、今から一か月かかってたら10月に入ってしまうやん!って焦りました。
しかし、更に深くggってみたら決済事業者経由で加盟店ID発行手続きをするより経産省のページから自分で手続きした方が早く回答が来る、と書いてあったのを見逃しませんでした。これに賭けてみるか!ってことで9/7の朝に経産省のページみたら確かにあります。ここから申し込めば追い越し車線みたいな感じで決済事業者に頼んでる人たちをごぼう抜きできる訳か、、、(でもそんなの良いのかな?仮にも国がやってる事業なのに順番抜かしする方法なんていいのか?ま、ええか国が堂々とやってるのに国民が心配しても、な)と心の声を封じつつ、家で手続きするには法人番号とか細かいことが分からないから会社に出社してから手続きしよ、ということでページをそっと閉じました。

夕方、ネットで買い物したついでに念のため同ページを再度確認しに行ったところなんと!さっき確かに確認した直接加盟店ID発行手続きのページのリンクが消えている!

はぁ?

おいおいおいおい、絶対あったここに確かに絶対や絶対。あのblogにもこのblogにもここにそれがあることが書いてあるのにあらへんあらへん。youtubeでも登録する動画があったけどやっぱり俺が今見ている画面には何故かないあらへんnothing!
ここにあるはずだったのに無くなっている↓
https://cashless.go.jp/franchise/index.html

本日再度確認してもやはり絶対に無くなっています。リンクが。

しかし、よくよく考えてみると絶対に間違いなく一度は見たページです。ブラウザのキャッシュとか履歴見たら何かあるはず!と思って探したらやっぱりありました。
これ↓
https://business.cashless.go.jp/

ここから手続きすることができます。というかできました!
(さっきも書いたけど、こういう順番抜かしみたいなこと自体アリなの?って気もするけど更に言うとそれを出したり消したりするのって平等な手続きとは決して言えないんじゃないの?って思うんですがどうなんですかね※これの当事者は経産省です)
会社行ってパパッと記入して送信したら、なんと翌日に加盟店IDが発行されメールで届きました。先に手続きした決済事業者からの連絡はまだ来ない状態です(※その後到着しました。複数手続きのため若干心配しましたがIDは法人番号に基づいて一意に発行されていましたのでご安心を)。

急速に何かをすすめたいというのは分かるけどあまりにも手続きが雑で杜撰だなぁ本当に国のやることかこれが。