うちの愛猫リンクちゃんが亡くなって49日を通り過ぎました。こんなに涙が出るものかというほど泣いたし今もまだ毎日呼んで探してエサをやってるけど一つも減らない現実を知り続けている。
くよくよしたくはないけれど、今は言葉一つ吐くだけでリンクの記憶が美化されたり目減りしたり薄れたりして実態と違うものになってしまいそうで何にもしたくない。なんにも手につかないから去年もそうだったけど今年も音楽が頭に鳴らないから鳴らせない。
令和になる前に亡くなってしまったので自分にとって5月は色を失ってしまった。
自分の作った曲に五月の窓という曲があって、ある方の描いてくれた絵を見てなんとなく作った曲なんだけど歌詞の内容が、まるで今のリンクを失った自分に向けられているような気がした。この曲はザックリした喪失感をテーマにしているのだけどこんな形で自分に向けることになるとは思わなかった。
五月も通り過ぎてしまったが未だに何にもしたくない。
リンクに会いたい。