正月休みの間、とにかくコーヒーを飲んだ。飲んで飲んで飲んだ。

お酒は知的好奇心を満たすという意味で大好きだけど、味としてはそんなに好きじゃないし、酔うという状態は全然好きじゃなくて、体温が上下したり眠くなったりするのはもう嫌いとしか言いようがない。

そうでなくても冬はだいたい眠い。ちょっと気を抜くと眠い。

この冬は本と、というか情報を頭の中にたくさん入れたいものがあるのだけど、この眠さがとてもハードルだ。

自分は携帯見てても光が強いと眠くなるぐらいなのだから、本をタブレットで読むというのは眠くなる光源に目を向けて眠くなりたくないように読み続けないといけないのだからほとんど矛盾している。だから自分はたくさんタブレット持ってるけど本読むときはKindle paperWhite一択だ(雑誌はandroidタブにしてる)。

でもpaperWhiteでも眠い。バスに乗ったり飯食ったり、睡魔は気を抜くとすぐ手招きしてくる。あるコールなんてもっての外だ。
ついでに言ってしまうと昨日信者っぷりを書いてしまったワークマン。特にインナーが僕はとても気に入っているのだけどこのインナー、コンプレッションが効いているのがほとんどで、一日過ごすとまあまあ体力を消耗するんですね。暖かい代償です。これがまた眠気を誘うのです。

twでは立ち読み!なんて意見をいただきましたがこれは冗談に見えて本当にアリのようで、web検索しても結構これをいう人はいる。でもウチは狭いので立てば立ったで邪魔になるので無理なのだ。

今のところオーソドックスにコーヒーを飲んでいる。何杯も飲んでいる。そして本を読むときは姿勢に気を付けている。結構これがいい。姿勢をリラックスしすぎるとすぐ睡魔がやってくるが、姿勢をある程度正しているとちょっと緊張感があるのでそんなに眠くならない。これが続くことに期待している。お酒はあらゆる趣味を遠ざける属性なのでもうやめてしまっても構わないぐらいに思っている。

ところで2018年は1/3からzwiftで室内ローラー自転車練を再開した。とりあえず一日20kmを約40分未満で走っているのだけど、これを終えた後の読書の睡魔は特にえぐい。本当になんとかしないといけない。いいほうほうあったら教えてください。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin