イマニミテオレ

自転車と音楽と病院の行ったり来たりする買い物blog。 URLはsunzriver.blog.jpが最新です。

今から作る

僕はこの一年以上、ベッドの上で寝たことがないのが自慢というか話のネタというかミサワ的な話題なのですが、昨日は床から寒気の気配がすごく伝わってきて、やばいこれは外がえらいことになってるぞ!と思いながら寝てました(床の上で

で、起きたら案の定うちの前で25cmくらい積もってた。うちは袋小路のつきあたりにあるので、うちに用がある人以外が前の道を通ることがないんです。おかげで9時過ぎなのに雪は一面誰にも踏まれていない状態で残ってて嬉しかった。

朝のうちに髪を切りにいったんだけど、そとの景色はいい感じに雪が残ってて、なかなかの景色だった。
image


結構雪は残ってたし、かなり降ってる時もあったけど全国女子駅伝は行われた。ツールドフランスとか見ていたら沿道で応援することも大切なことだと思うようになったのでこれからは応援したいと思ってる。しかし今日の雪の中での駅伝はなかなか近年見ない過酷さで、マイコースであるヨシダクライムを駆け上がる選手たちを見ながら、そこは見た目より登ってるから!とかずっと言ってた。

・daokoのBOYのリマスター聴いたけどあんまり変化がわからなかった。ていうか元のですごくいいやん。歌んとこすごく好き。

・そろそろ全快近いのでzwiftで20km位走った。去年のパリルーベの覇者マシューヘイマンさんがいたので一緒に走ろうとしたらあっという間に見失った。早過ぎや。パワーすごかった。久しぶりに走ったらペースとか何もかも忘れた。1週間走らないとさすがに別人に近い。新たな僕を今から作らな。

2016GJオブザイヤーその7
・phpとjsをちょっとだけ使えるようになった。

プログラムってのは、サンデープログラマみたいなスタンスでやるのが一番楽しいね。多少のストレスはあった方がいい気もするけど(自分に甘いタイプなので)
仕事ではvbaだけしか使わないけどwebでやれることが出てくると楽しくなってくる。同時に、これは趣味の範囲で行うのだぞ、と改めて思う。

今年はまた別のちゃんとしたプログラムを作りたいけど必要がない。必要を見つけなければ始まらない。

雪と話をした

image
結構な雪だ!
毎度毎度書いているけど雪は好きだ。静かになるし、特定の感情を呼んでくれる。今日の雪は一瞬ですごく積もった。
この雪の感じは、懐かしい気がした。久しぶりだけどはっきりと覚えている。歌になりそうな雪だ。

image最近使ってるマスクのイラストが髪の伸びた御堂筋くんみたいに見えてしまう。


・スプラトゥーンひさしぶりにやった。朝比奈彩はスプラトゥーンの全キャラをミックスしたような顔と体をしていると思う。

2016GJオブザイヤーその6
・vocaloid曲「六月の窓」無事niconicoに放流
2014年に作ってLAのパネルで鳴らしたっきり一切公開してなかった曲だったんですが、当時耳が相当悪くてミックスが悲惨だったんですね。2016になってミックスをある程度(何割かの箇所はもう弄れない状態になっていた)やりなおせました。2014に鳴らしたやつより結構良くなったと思ってます。
この曲は最初リンメインでシンセポップみたいな感じなのに後半それまで一切鳴ってなかったPSGみたいな音と弦とレンの歌がメインを取って代わる勢いで前に出てきて、でも最後はミクで終わるんかい、、という、作者が誰を、何を軸にしていたのかつかみにくい構成になっております。後半のPSGのディレイ音、ディレイの感じがなんどやっても思った感じにならなかったので無理矢理ディレイ音自体も打ち込んで擬似的に「鳴らして」います。
止まない雨はない、っていう励まし語があるけど、それ言われた側からするとどん底認定されたような、救われない気持ちになります。この雨止まないほうがいいよね、とでも言われたほうが楽になる。だいたい誰もが晴れたら嬉しいと思ってると決めつけるところに驕りがあるの
とか

今日の雪は久しぶりの知り合いに会えたような気がして心にしみました。本当のはなし

2期待

今日はnintendo switchの発表日だったので昼に生で観てた。

すまんがARMSにはぼくちんの触手無反応やったけどスプラトゥーンはどうせただの移植だと思ってたらちゃんと2として出るってことでかなり熱くなりました。そして各ソフトの発売時期が今回は被らずいい感じで出るみたいで良かった。もちろんロンチはゼルダで行きますよ。
ただ、、日本語で喋ってたのはちょっとイメージが固定されそうであまり嬉しくなかった。何語でも嫌だな。違和感はなかったけど。

・風邪は75%くらいまで回復した気がする。むしろバスの中で寝言言うようになったことが問題だわ。今日も自覚あり。脳内トレンドミュージックをかっこいいのにしておけば最悪寝言で歌ってもカッコつくかもしれんが今職場で社歌歌う練習させられてて、最悪それを寝言で歌ってしまう恐れがある。それはもう完全体の社畜やないかー!いやだ。黙れ俺。

2016GJオブザイヤーその5
・京都ライド2016に参加。完走。

まあり50kmくらいのライッドなので完走もクソもないんすがひらのゆかりさんと話せたことと、ちゃんとゴールで長く話せたことがとても良かったです。彼女はとてもいいです。
つべでその日のオフィシャル動画みたいなの見てたらぼくがわりと映ってて独り言止まらないわ

自覚ある

体調かなり戻りかけ。まぶたは未だ一重。このまま一重の方が自分のストレス度が0.5%くらい下がるから、願わくばこのまま一重でいさせてほしい(二重は気分的に毎まばたきごとに重いシャッターを開けるようなしんどさがあった)

体調戻りかけなのでそろそろ自転車ローラー練習再開しようかと迷ったけど念のためやめておいた。風邪ひいた原因だっただけに。

・バスの中で寝言言ってしまった。自覚ある。前前前世歌う日も近いかもしれない。こうなってくると、寝言は言うか言わないかというより、何を言うかが問題だな。寝てる間の自分は別の人間で、全くコントロールできなくて、そして目覚めたらその記憶は徐々に消えていくのだから、、君の名前さえも、、、あれれ重症やな

2016GJオブザイヤーその4
・ヨシダクライムで1:45を出す!

すんませんまた誰にも伝わらない話ですね。
ヨシダクライムってのは今出川通を東大路から白川通まで一気に駆け上がるゆるやかな坂がずっと続く区間のことです。過去に2分切った人は5人くらいしかいないんだけど、そこを1:52?くらいで登った人が自身のコメントで「1位のやつ、ガイジンやん!」と、なんか外国人をチートみたいな、文面的に嫌な感じで書いてるように見えて、その1位の外国人ってのが僕が唯一フォローしている優しいJだったので、俺はとても燃え上がりました。「俺が強なればJが悲しい気分にならずにすむんやろ」と。アホやから少年ジャンプ的な動機が立つとスゲー燃えます。視界が白くなって、腕なんか無酸素で感覚がなくなってくるくらいまで追い込んだ結果、1:45。ワイ日本人ですけど君国籍を言い訳にすんの10年早くない?って言ってやりましたよ(心の中で

というわけで誰も知らない僕とJの友情ライッドでした。

一重まぶた

体調やや改善。くもり、という感じ。寝るときも体は立てていた方がいいみたいなので椅子に座って勉強しながら寝てしまった感じでも寝るのがいいみたい。
いいみたい、とか言うけどそんな体勢でぐっすり寝られっか!!というわけで最近睡眠が浅い。

2年前に飛行機で顔面麻痺になってから気持ち的には2度目の人生を始めてるつもりなんですが、その時からそれまで一重まぶただったのに不自然なくらい二重になったんです。もう整形に失敗した人みたいなレベルで(顔面麻痺の影響です本当)。

ところが昨日今日と勉強寝(これで伝わるやろ)してたら朝から!!一重まぶた!!昔のワイやワイがおるー!!ってなりました。

で。昔の僕ってなんかいいことありましたっけ?
テンション上げようと思ったらそれに気づいてなにもかも中止。やめややめ

・line blogにするかもしれん。悪影響うけました。

2016GJオブザイヤーその3(タイトル思い出した)
・職場の新店舗無事開店
いやー、めちゃ生活感ある話で申し訳ありません。8月末から11月くらいまではこれにかかりっきりでとても大変でした。僕今の会社入ってそこまで長くなくて後輩より先輩の方がはるかに多いんですね。だけど今回新店舗のシステム関連ほとんどやらなきゃならなくて、知らないことを駆使して更に知らないことをやる、というのをまたまたやるはめになりました。
我がポリシーは、人柱になれ!なのでやるかと言われればもちろんやるんですが、大抵の人は後出しじゃんけんマンなのです。不測の事態や配慮の足りないこともあったけど概ねなんとかうまくいったし、いい経験になった。なにより当事者になれた。まあ現場からは失敗の話しかされませんけど

以前間違って経営者会議みたいなのに、ただの社員の僕が混じってしまったことがあって、この時まで「経営者なんてただの雇用主」「社員あっての会社」としか思ってなかったんですが、経営者会議には過去に見たいろんな会議には無い「当事者意識」が強烈にある、と感じた。どいつもこいつも当事者なんだよね当たり前だけど。後出しじゃんけんマンなんてそこには1人もいなかった。
言い換えると、当事者意識の有無が越えられない壁として、例えそれがクソマヌケな経営者だとしてもそれでも越えられない壁として成立させてしまっているのだと痛感した。ワイらが当事者意識さえ持てばその壁も壊せるんとちゃうかと。

あと、近藤ともみが昔、自己を全うしてる人が好きとかなんとか書いてるのを見て、それを見たときに「ヤバイ、近藤ともみとけっこんできへん!」と焦ったのでした。そしてその日からずっと人柱マンになることを心がけているのです。どうですか?この話。うそみたいですよね。さっき考えました。

とにかく10月当時は、正月迎えられるかならこれ、、って本気で焦りましたがなんとか失敗と成功を全うして生き延びることができた。まあ現場からは失敗の話しか(ry

後出しじゃんけんマンは全員生まれてこなきゃよかったね(ニッコリ
と思いまーす

AKKA

昨日より風邪悪化してきて頭痛くなってきた。もはや2017年上半期はすでに諦める勢いでなんもかも嫌になってくる。あたまいたい。

・簡易NAS機能ってルータについてるやんか。あれがxiaomiのルータにもついてて、最近簡易NASを使いたくてしょうがない。なんか写真を自動で簡易NASにULしたりする?のかな?うちはwinタブがいっぱいあるので簡易でもNASがあるとそうとう助かるように思える。あとzwift(室内ローラー用のアプリ)用にディスプレイも欲しい。でも置き場所ない、でループ

2016年なんとかなんとか2(タイトル思い出す気もない

・将軍塚を6分20秒で登れた!
これ、だーれにも伝わらないんだろうなあ、、、けどこれ相当嬉しかったです。ほんの半年前に半年前に7分30秒すら遠い目標で、チャリ練ですれ違う見知らぬ先輩達に挨拶しても「なんだこのニワカww(と言われてると勝手に僕が妄想してる)」という感じだったのでそいつらグループ(かなり速い)に笑われないように頑張ってたんですが、繰り返すと改善点が見えてきて、すると本当に改善するんですねえ、、
今では頑張っても頑張らなくても大体6分台では登れるようになりました。悪く言えば伸び悩みです。これ以上の伸びはきっとスポーツの領域でしょう。僕みたいなスポ根ブースターだけで乗り切るのは無理やな。

風邪治らず

風邪治らないので昼まで寝てた。

wifiルータを変えたおかげでPC周りの音への接続が簡単になった。普段PCのモニターはUR22だったかな?それ経由でMSP5か、SRS-Z1(夜とか)、完成に近づいてきたらTD-M1を使ってる。
なんでTD-M1を完成まで使わないかというと、机の上に無いんですね、TD-M1は。机の横にあるんです。
まあいろいろオペレーション上の都合あってメインでの使用となってないんですが、wifi接続が変わったことでよりメインとして使いたくなる環境に近くなってきたように感じてる。もうちょいしたら机含めて環境リニューアルしたいところですけどそうなるとPCから全替えまでやりたくなるのがハードルをあげてます。

・Jojo4見てるけど今回相当面白い。


そうだ、2016年をちょっとだけまとめておこう。今週末まで一個づつ。

2016年GJオブザイヤーその1
・びわいち、なんとなく達成
びわいちっていうのは琵琶湖一周なんですが、そりゃ大変は大変なんですが問題は前回のように突然のパンク祭り(パンク→チューブ替えたらまたパンクのリフレイン)みたいなことが起きたらモチベーションが下がりきってしまうってこと。この日はたまたまパンクなどは一切なくて楽しく走れた。道に迷って福井県目指しで数キロ走ってしまいましたけどそんなのは無いほうがおかしいと思ってる。
だけど湖西の走りにくさ故に他人にはあまりすすめたくない/湖西のみ別コースを進めたいと思っています。
210kmは走ったのに途中のコンビニでうっかりデータをアップロードしてしまい距離が分割されてしまったのが悔やまれます。

2017明けましておめでとうございます

2017年 明けましておめでとうございます

新年早々はのんびりしていたんですが、年始に室内でライドした時に汗だくでぐったりしてたら汗冷えで風邪ひいてしまいました。結構きついやつ。

おかげでライッドもできてません。悪寒するし。

その間に年末に注文してたxiaomiのルータが届きました。噂には聞いてたけど実際使ったら体感でわかる程度に速くなったし、何よりルータ管理のアプリがかなり使える!ので相当気に入ってます。これは安かったし買って良かったな。image
こんな感じで接続機器とか簡単に管理できる。

その他の機能もいろいろと。
image
imageウィークリーレポートの結果がなぜか自転車で表現されててとてもnice for meです
image全ては理解できてませんよ。


・君の名は二回目見た。ポスターになってるシーンって映画の中にはありえない絵なのだと二回目で理解した。
・DAOKOのJKをコピーしようとしたらどうも違うコードで解釈してしまった(なんとなく絶対違う)のだけどそのうち使うボキャブラリーになりそう。僕がレーベルとか運営してたならDAOKOはありとあらゆる手段を使ってでも手に入れたい才能だと思う。

・今年は最初だけでもなんか書く勢いでいたいです。

空席エンドロールという曲をniconicoにupしました

クリスマスソングを今年も作りました!

聴いてない人は今すぐここで聴いてください


思い起こせば2007年、DTMマガジンのクリスマスソング?募集みたいなコンペに応募するために作った「クリスマスですが何か?」を絶対この曲は他のどの曲よりも優れていると自信を持って提出したら佳作どまりになってしまって、その恨みを根に持って毎年続けることになったんだったなぁ、、と思い出しました。提出したやつは未完成だったから佳作でもまあまあGJだったと今になれば思うんですが。
(ユーフォでいえばダメ金で納得してしまうような自分では無かったということですから、それはそれでよかったんじゃないかなとも思います)

今年の曲は、実はすぐできました。
自分はDのコードをmaj7で弾く時に正確に言うと9thの音も一緒に鳴らす癖があって、つまり単音で言うと下からD,F#,C#,Eの四和音で鳴らすことが多いんです。(普通にD、と言ってるだけの時もこのコードを使うことが多い)
このコードで鳴らす時だけ行ける進行というのがあって、今回もそれを利用して作りました。
いろいろ音をまぶしたおかげでコード進行のデコボコが均された感じがありますが相当無理のある展開を詰め込んでいる気がしています。あとはAm7 on A#(からAm7に解決しないのが自分内の掟。したらsus4みたいになってつまらない)がここ数年ずっと自分トレンドなので多用しています。
このように、自分がクリスマス曲を作る時には一定の縛りというか掟が存在していて、それゆえにある程度作風に統一感も保証されているのかもしれません。

歌詞も実は割と悩まずにできました。
同じ映画を何度も見る女の子、というところから。ほとんど原案は10月の時点で完成していました。

だけど制作は前日の夕方までかかってしまいました。なんでそんなことになったのかというと、Bメロで控えめになっている弦とか管楽器とか、あれが地味な割にえらく時間かかったんです。ほとんど誰も気付かず通り過ぎるようなものなのに。

今回はこんな感じでの制作だったんですが、tomさんに連絡したら「今回はかなりタイト。できて一枚絵やぞ(セリフは僕がテキトーに口語体に変換しました)」と返ってきて、では楽曲に集中されてしまうな、これは細部を詰めておかねばごまかしが効かないぞ、と思いました。すると細部の詰めの甘さがどんどん見えてきて、ああこれはだめだ、あれもだめだ、と遡って遡ってどんどん修正が増えていったのです。

結局マスタリング終わって完成した、となったのが12/23の夕方。それから提出されたtomさんはえらいこっちゃだったと思いますが、一枚絵ながら動画にしてくれて、しかもサンタの影が出てくるところとかキラキラするみたいになってたりして、tomさんのやり抜く感じには毎度ながらしてやられました。
最初に見て思ったのは「赤い!」「おいしそう!」でした。おいしそう、というのは何がという訳じゃないんですが、、とにかく殺伐とした精神状態の自分に、暖色に支配されたこの絵はとてもホッとさせられるものがありました。

昨日気が付いたんですが、2007年から初めて2016年の今作で10作目となりました。10作で一周になるのでしょうか?12でしょうか?一周すれば終わりと思っているわけでもないんですが、周回は気になります。完全にやめ時を見失っていますが、こういうのをやめる時は「今作で最後です!」と宣言してやめるのではなくて、一所懸命作って提出してから「この前出したやつで最後でした」としたいと思っています。最後ですと言いながら作る作品はあらゆる評価としてバイアスがかかりすぎて自分は楽しくないと思うんです。

そんな訳で、今年はこれが自分のベストを尽くした作品です。来年もベストをつくせたらなぁと思います。それから、(毎年言ってますが)クリスマス以外にも曲をあげられたらなぁと思っています。ちょっとだけ音楽の作り方が分かってきた気がするのでこの際もうちょっと深くつき進めたいと思う。

2016年はあと7日ぐらいあります。
僕にはもう一つ今年の課題があります。10000km自転車で走るというやつです。
思いついたのが今年の5月ぐらいだったので、結構タイトでギリギリクリアできるかできないか、という感じで今頑張っています(仕事が年末までずっと入っていて走る時間が無いのが問題)。
なんとか目標をクリアして、達成感のある2017年を迎えたいなと思っています。

あ、でもこういうのって書くと死亡フラグみたいだよね…

断髪式

昨日、仕事で台湾人達と飯食いながら雑談してた時に
台湾の自転車の話になって、そしたらこっちから何にも言ってないのに
「テラダさん自転車乗ってそうですねー」って言われた。

自分の昨年からの目標に「サイクリストになる」というのがあって、
ということは自分はまだ現状サイクリストではないという自覚がある訳なんですが、
それがすこしづつ目標に近づく形に寄って行ってる気はしていたものの自分のことをほとんど知らない人に
「自転車乗ってそうですねー」と言われたことは見た感じ相当サイクリスト風味になってきたってことで、めちゃくちゃ嬉しかった!

以前も書いたかもしれないけど、自分の中で自分のことをサイクリストと自認するための最低ラインってのがあって細かすぎて書けないけどその基準をもうちょっとでクリアできそう。自分は一度も自分のことをミュージシャンだと名乗ったことは無いし、ましてやボカロPなんて言ったこともない。何してる人ですかー?って聞かれたら、「んー強いて言えばサイクリストかな?」って勿体ぶって言ってみたい!のだ。

サイクリストだと名乗ること、これはすごい。何がすごいって、自分以外に全く意味がないという意味ですごい。
ミュージシャンです、とかプログラマーです、とか医者です、とかいうと社会的地位とか困ったときには君に頼むよ的な便利なカードとして認知される可能性もあるかもしれないけどサイクリスト、だから何なのだ、あなたは私に何をもたらせてくれるのだ、となる。何にももたらさない。興味を持ってくれる人やそこから会話が膨らむ人は純粋に自分や自転車に興味を持って話をしてくれる人で、それ以上にならないのがいい。要するに何にもないけどハードルだけある、という属性を手に入れたい。

ということで、もう目前にせまったサイクリスト化にそなえて、くそ暑いのも相まってちょっとフライング気味だけど
スネ毛を剃ってやった!
知ってる人は知ってることだけど、サイクリストはスネ毛を剃るのだ。あたりまえに剃ってるものなのだ。そして僕は今まであえて剃ってなかったのだけど、もうそろそろ「初心者なのにすごいですね!」みたいなポジションに甘んじるのはやめておこうという儀式として(スネ毛の)断髪式を行った、ということだ。
「初心者です!よろしくお願いします〜」みたいな態度で自分もしばらく走ってきたけど、この卑屈な態度はあまりいつまでもやるもんじゃないな。どこの世界にもうんざりと存在するけれど僕はもうサイクリストになるのだからそんなことをいつまでもやってられない。

あとちょっと。あとちょっとで、昨日の僕を狙撃できる。
sunzriverをすんzりヴぇrが倒し、さらにサイクリストになった自分がそれまでを倒したい。
俺は俺の死を死にたい。

スネ毛つるつる物語。



六月の窓という曲をニコニコに投稿した件

2014年のAnimeEXPOのパネル"mirai no neiro"で公開するために作った曲「六月の窓」をなんとなく2016年の6月になってニコニコにアップしました。

当時のblogにも書いてありましたが、当日自分は中耳炎起因による難聴が勃発している最中に飛行機に乗ったことで更に悪化。いろんな要因が重なって不調は耳だけに収まらず顔面麻痺に至ることになりました。

顔面麻痺ってなったことありますか。まばたきができなかったり、飲んだつもりのドリンクが口からこぼれていったり(口がちゃんと閉められない)大変ですよ。

症状はそれだけではありません。
最初はフィルターでこもらせたような音だった難聴の症状(こもっているだけなら、想像力で補えると思っていました)も、悪化していくと左右の耳のピッチがひどいときは2度程度違って聞こえて、宇宙人の声のモデリングみたいな感じで何もかもが聞こえるような状態でした。

結局治療のおかげで顔面は80%程度には回復し、体調は100%に戻り、そして去年からロードバイクに乗るようになって呼吸が以前より深くなった?ようで、2014年当時よりも耳や呼吸的には良くなってきた実感がありました。実感があったもんだから、当時の耳ってどんな糞耳だったんだろう、、と思って昔のプロジェクトを開いたら、、、あいたたたたた、、なんだこの低音過多、、なんだこの突然音がデカくなる感じ、、情緒不安定になるわ、、って思いました。

ある程度作りこんだトラックなので音を完全に修正することは叶わないんですが、mixをいじったら多少改善しそうな気がする!とおもってeditしていきました。その結果、以前より良くなった気がしたのでちゃんとniconicoにuploadしておこう、という気になりました。

その旨をtomさんに伝えたらtomさん側でも新たなeditというか絵も増やしてくれて、印象がフレッシュになりました。

聞いてあげてください。


何のコンセプトがあるわけでもないんですが、窓シリーズの数字はずっと漢数字になってますね。こだわりを感じますが、何の意味もありません。

という訳で、最近になってとても体は調子が良いです。過去最高というか過去を更新していると思います。
ですから今後も音楽はクリスマス以外でもやっていくと思います。
願わくば、2016年に作ったものは2016年に出すようなタイムリーなことをしたいな、とは思いますが。

1000km/m

五月が終わったー!
そ!し!て!

ついに月間1000kmチャリで走れたぞー!!!!!!
やったー!!!!!!


20160531_143059000_iOSまぁ1000km自体はものすごい数字という訳じゃないんですけどね、これを頑張って突破しようとしていた僕の三月の時点の思考が間違っておったと今は思ってて、スタンスとしては、日常の延長で気づいたら1000km越えてた!という感じにならないと意味ないなーと最近は思ってました。
そんな訳で、五月はGWの間、人が多すぎで走らなかったり、出張があったりしてチャリに乗れない日が結構あったんですが、その分帰宅するまでの帰り道をちょっと工夫して一日44kmぐらい走るようにしたら20日走るだけで880km走れてしまう!ということなんですね。これなら日常として1000km突破も見えてくる。

とりあえず過去を更新した!
これからは月に1000km走った人として、1000km/月走ってない人を見ることになる。
言葉とかexcuseではなく、決意表明とかでもなく、数字として結果として過去を更新できた。

将軍塚もほとんど6分台で走れるようになってきた。
尊敬するサイクリストからRideイベントに誘われたりもするようになった。
去年の5月に自転車買ったときになりたかった自分にだいたいなれている。

あともうちょっとで自分は自分をサイクリストだと自認できそうな気がする。他人はすぐほめるからあてにならない。はやく自認したい。自認できるだめの基準は細かすぎてここには書けないようなことが多いけどね!

とりあえず今月は1000km走れたのでニワカから片足ぐらいは抜けられたかもしれない!
ちょっとだけニワカ卒業ってことで、さしあたって、すね毛でも剃ろうかな(サイクリストはすね毛剃るんやで…)

あ、あれ、、6月ですね、、えーと、あれ、、、ちょっと忘れているわけじゃない放置物件がありますたね、、
あ、そういう意味で自分はミュージシャンだとは自負自認できないなぁ。。

阪神戦再び

FBとかにも書いたけど、
誰の知り合いとか、どこ出身とか、どこの大学とかそういう属性で親近感覚えるのは良いけど、僕の場合望まなくても勝手に膝ぐらいまではそういうものに浸かってしまっているようなものだから、せめてアティチュードだけはそういうものにたいして抗いたいというのがあります。

岡崎体育の存在を知ったときも、まず先に音楽よりも情報が先行して入ってきた。
動画とか京都とかの情報が入ってきて、MVが話題なのも知ったし、面白かった。

ふーん。
あのMVのMV(わかりにくいのは俺のせいじゃない)見てて思ったのは
サビだけがなんか(それまでの一連の歌詞に対して)バランスを取りに行ってるように聞こえて、入ってこない、、ような、、それ以外のところはすごく耳に入ってくるし、耳に入って来るタイミングとかスピード感みたいなものもスパッとテンポよく入ってくるから笑ってしまうし覚えてしまうけど、サビのクリエーション、、のところはちょっとそれが無いような気がする、、というのが自分の感想だった。

なんだろうなーこの感覚は、と思っていたら、ちょっと前にフォロワーのへもきちさんが、岡崎体育は昔シトキアPという名前でvocaloidやってて、その作品「阪神戦」を僕が突然褒めていたことを教えてくれた。

あー!あれか!
すぐ思い出した。夏の景色のやつや、と思った。

すぐ自分の過去のblogを確認して「阪神戦」を聴いたら、やっぱりよかった。

この曲というかこのシトキアP、岡崎体育は歌詞の描写の語彙が豊富で視野が広く感じる。
阪神戦という曲、ほとんど描写だけで曲が進行していく。夏の景色が描写されていって、最後に「ごちそうさまと僕の声」で視点がグルっと戻って来る。そんな動画にはなっていないけど歌詞がとても饒舌で情景に満ちているからそんな風に感じる。
この曲にはMVの「クリエーション、、」のところのようなバランスを気にしてるような感じが無い(あたりまえ)ので、単純な好みでしかないけど、こういうのの方が僕は好きだ。売りものとしては配慮に欠けているかもしれないけど。

描写のカメラワーク?で感情を描いていくっていうのに自分はグッとくるみたい。そこに意見とかメッセージが入って来るとちょっと没頭できなくなる。

くるりの「ランチ」は、僕はくるりのなかで実は一番好きな曲なんだけど、これも
未来のことを話したい と希望を歌いながらそのあと
コーヒーは冷めてしまったよ という描写。こういうのがグッとくるなぁ自分は。

自分の好みを書いただけで、いい悪いの話ではありません念のため

2012年04月29日09:23 とてもよかった
http://blog.livedoor.jp/sunzriver/archives/52854494.html

役得

職場の会議室を改装することになって。

会長が家で使わなくなったスピーカーシステムをその会議室に使えないかと思って職場に持ってきたのだけど、工事の監督みたいな人に「こんなんもう使えませんよw」と言下に否定しやがってね。正直僕もその持ってきたスピーカーみて、「こんなの持ってきて、、迷惑だな」とは思ってたんです。
そしたらその後そのスピーカーシステムを古楽器やオーディオを扱っている店に持って行ったそうなんですが、そこでも「今はこういうのはやってない。引き取るとしたら処分料金をいただくことになるけど、それでも良ければ」って言われたそうで、「買ったときは高かったんやけどなぁ…」と会長が嘆いていて。「寺田さんこれ要る?」って言われたんだけど、正直なんじゃこれ、、で、、ワイはEclipseのTD-M1とYamahaのMSP5とSONYのsrs-z1を使っててこの組み合わせで大満足しとるから悪いけどつけ入るスキはあらへんで、、と思ってたんです。

でも念のため。

グーグルぐるぐるー

なんだ、このスピーカー、名前は、、?KO、、Iっていうの?KOIか。ふーん。情報あるんかな。
とぐるぐるしてみたら、ありました。

小型スピーカーKOI高音質

イヤッホゥ!スモールモニタとしてめちゃめちゃ評価高いやつですやん〜!やったー!!!!
さっきも書いたけど、自分はTD-M1とかMSP5とか使ってるけど2.1chのは持ってなかったのですごくうれしい!
しかも世に出回ってるKOI TIGER普及版?のやつじゃなくてバークリー音大に納品したタイプの初期型(アンプ内蔵型)だこれwww

やったー!!
ていうかリサイクル屋と工事屋あほすぎwwなんやキリッとした顔で「今のオーディオでは使えない」とか言ってたけどRCAとかの配線すらわからないのか?考えるのやめたのか?カーズなのかww

KOIスピーカーと思ったけどそいつらのおかげで自分はKOIのスピーカーシステムを無料で入手することができたのだ!ありがたやwwありがたやww
ちょっとカバーがへこんでる場所があるけど音に問題ないし、ハムノイズでるけど音出したら気にならないし、なにより音楽聞いたら低音の分離がすごくはっきりわかるしシャリシャリしないし音量上げなくてもすごく音楽的に鳴るし、最高だー!!(モニタというよりもリスニング向けには感じますが)

役得役得。

あと、さっきのエントリで書き忘れたけど、先週花見ウイークでうちの近所というか京都は花見客大杉で自転車で走るのが困難だったので自転車コースを回避して伏見にある伊藤軒に行ってきました。最近リニューアルしてから繁盛していると聞いて。
桜伏見稲荷伊藤軒

案の定いつものように道を間違えましたがたどりつけました伊藤軒。
どこかで見たような米菓が「ここでしか買えません」というPOPと共に売れていきます。売り場の50%以上はたぶん他所のOEM商品なんだけどここに、ここのラベルで置いておけば飛ぶように売れていきます。いつも思うんですが、こういうのは「演出の勝利」であり、本質だけでは売れないということでもあり、良いものを作ることはそれだけじゃ自己満足の範疇を出ないと思わざるを得ません。

帰りに伏見稲荷寄ってきたけど人多くて道進めなくて困った。ここGREATEARTHのときコースに入ってるから注意したい。

明日の僕に狙われている

止まった車輪は再び回りだすまで、とても重い キリッ

前回反省したようなことを書いた自分だけど、翌日いきなり腹が立ってきた。
自分は反省をパフォーマンスのように使ってしまうことがある。反省パフォーマンスというか反省マスターベーションというか。それ自体表現のように使ってしまい、それ以上の攻撃を回避しようとする下衆の思考が垣間見える。

翌日の自分はそれを許せなかった。日々ベストを尽くしているつもりではあるけれど、翌日の自分はそうは思わないもの。一体いくら言葉を重ねて「何もしなかった自分」を擁護できると思ってるんだ?それをクリアするのは行動でしかないということが分からないのか???

昨日の僕に狙われている螺旋の敵意が渦を巻くううううう


というのは僕のtower of sunzという名曲の一説なのですが、これは今に始まったことじゃなくて2007年の時点からずっと抱えている思考であり、それを退治できていないまま2016年に至っている証左なのであります。

いいかげんにしろ!ダメだった自分を言葉でなんとかしようとするなよ!行動しろ!

憤懣が爆発しそうな自分にカウンターを放つように翌日の天気は雨だった。空回りが辛い。だけど雨の日はやはり走らない。それは決めているから絶対。はやく言葉から行動にうつしたい。。。

そして翌日。はれ。やっと行動できる。
将軍塚。琵琶湖走ったときに変に手抜き走りが身についてしまった感があって、ガッと踏めなくなってしまった気がしていたので今回は前半からペース配分無しで行くことにした。昨日の自分を打ち消すのは今日だ今日なんだ!と精神性が飽和しまくって肉体が追い付かない感があるけど気にしない。楽しくやるのは楽しくないのだ。

結果7:08。うむむ、先週8分台にまで落ちた自分のResultとしてはまぁまぁなんじゃ??と思うけど、これでは足りない。おのれがんばれ俺がんばれ。精神性だけでは結果は底辺の底上げにしかならない。最高記録は技術と具体性が無くてはならない。ぐぬぬぬ、踏んで踏んで回してコースを見て走ってあとは休まない、これ以外に何がある?とにかく昨日の自分を否定するために踏め!

結局精神性の延長でしかない発想だけで翌日翌々日も走った。6:54が出た。初めての6分台だ。やったー!これで昨日までの全自分を全否定できるし、先月の自分を過去だと言い張れる。反省文職人の座を返上させていただくこともできそうだ。

仕事に行くまえにこんな自分バトルを繰り広げているため、職場についたあとしばらく肉体的というより精神的に空っぽになってしまって回復しないのだけどw考えすぎは更に考えることでしか対処不能だよね。何も考えないなんてことできないんだから。

結果を冷静・具体的に見てみると

将軍塚グラフ冷静に結果をグラフにしてみてみると、自分は少しずつ結果が悪くなってきて、ガクッと最後に落ちた結果を見て翌日発奮してガッと結果が向上して、そこからまた平行線にみえてすこしづつ結果が悪くなってきて、それに気づいてまた発奮して、、という結果になっているように見える。大きな流れでいえば右肩上がりとはいえる。

そして週末。というか今日。
志賀越道から山中越を走ってみた。

今住んでる場所もそうだけど、小学校時代自分はもうちょっと山側の山中越の手前に住んでいたので山中越のことはとてもよく知っているけど、事故もいっぱい見てきたので「山中越=こわい」というイメージがあったんですね。昔は親にバイクの後ろに乗せられてここを走るのをついて生かされた記憶もあって、とにかくあまり気持ちいいイメージが無くて。先日から滋賀側から登ることは覚えたけど、なかなか志賀越ルートで登る気はしなかったんです。

でも、なんてったってウチから2分で行ける山だからなぁ、、ここがマイコースになれば相当楽しいことになるんじゃ??と思って走ってきました。初めてのコースはすべてに様子見で走ったけど思ったよりも負荷もきつくなくて、コースも長すぎず、ちょうどいい感じだった。側道が溝じゃなければ尚良いんだけどね、、、
という訳で将軍塚をもし5分台で走れるようなレベルになれたら、朝練を山中越比叡山に変更してもええかな、とちょっとだけ思いました。

帰りに、若干物足りない感あったので丸山を走ってみた。丸山っていうのも地元の近所にある山で、小さな山ですがひょっとして登るのにはちょうどいいのかも?と思って。strava見たらだれも区間作ってなかったので僕が丸山ClockwiseClimbと丸山ReverseClockwiseClimb区間作っておいた。距離も短く負荷も低いコースだけど、走りやすい場所だと思う。

足り無いトメア

うっかりしている間に四月なのでありました。

3/31の夜になって、その事実に気が付いて、ハテ今月は結構走ったけど何キロ走ったかね?と思ってstravaで三月の走行距離を見たら953.7kmだった。

なんだ!あとちょっとで月間1000kmじゃないか!

気づいたのが22:00ぐらいだったから、その時間から47kmも走り出す時間と余裕がない。
ギリギリを到達するか、しないか。これはカスか否かの証明であります。そして自分はカスの証明をしてしまった!圧倒的に未達ならそれは仕方がないことだけど、ほんのちょっとじゃないか。しかも今思えばなぜ22:00の時点で残り二時間を費やしてもうちょっとの努力を怠ったんだ?

ううう、これはカスである。今の自分ならそう思うし、過去の自分もそう思う。3/31の22:00NOWの自分はそう思わなくて、逃げた。くそったれ!カスが!

繰り返すが、ギリギリで届かないのはカスである。身長188.5cmのときの自分が身長を180cmとか185僂伴称していたけど決して190cmですと言わなかったのは、上方に情報を丸めることに対する罪の意識があったからで、だから昨年身長が190cmを本当に越えてわかったのは、情報を上方に丸めるやつ弱いやつが結構いることと、それをやっちゃいかんということ、それからどんな手を使ってでも届きそうなところには届いておくべきだということ(これは全部他人に対して思うことじゃなくて、自分に対して勝手に適用している自分ルールにすぎません。もっというとblog用に話は多少誇張しています)。

あああ、三月に1000km走っていたのなら、僕は年間12000kmのイメージを持って四月を迎えられたのだろう。あああ、全然あかんやん。

4/1。天気予報は雨。雨の日は自転車乗らない。でも朝は雨降ってなかったのに乗らなかった。そして昼には雨が降ったけど夕方また雨が止んだ。仕事の往復に自転車乗るので、朝と夜だけ雨降ってなければ乗れるのだけど、天気予報を口実に、自分は自転車に乗らなかった。

カスである。カスが続いている。

どうしよう。自分にまけそうである。
音楽に逃げようとする自分もいる。

4/2。どようびどようび。
うちからすぐの銀閣寺はすでに花見客と観光客で自転車どころではない。
サイクルロードの始点である嵐山もしかり。

という理由を口実にこれまたほとんど自転車に乗らない(お菓子を買いにちょっとだけ出かけたけど)。

四月の自分はどうなるのだろうか。3/31の22:00の分岐点で当事者から傍観者になってしまった自分は、あの時点の自分のレールに戻れないでいる。困っている。燃やしても燃えない。

4/3。今日も何にもしないでお菓子食べながらこのblogを書いている。

止まった車輪は再び回りだすまで、とても重い

+2kg

毎朝登っている将軍塚、だいたい7:33~50ぐらいで登っていたんですが
前日にびわこ200km走ってきたおかげで「翌日から足がスムーズに回ります!」
というような期待をして思いっきり走ってみた。
セグメントを通過した時点で「お?これはかなり速かったのでは??」という実感もあった

のに8分を超えてしまっていた!

省エネ走行を心がけた結果、トルクの足りない走りがちょっと身についてしまったようだ。
しかも体重計乗ったら…なんでや…2kg太っとるがな!!

なんか世間的に自転車ロングライドで健康ダイエットみたいな印象あるかもしれんが自分の場合は走ったら腹減るし食べるの制限なんてありえないし、どんどん太っていくスパイラルのような気がするんだけどこれって夏がなんとかしてくれると思っていいのか?それって太ってる人の思考そのものなんじゃ・・・とちょっとショック。

・太る
・登るのが遅くなる

このループはいかん。トルクが落ちてる感もなんとなく把握してきた。なんかふわふわした感じで腰に力入ってない感がある。痩せたいとは思わないけど、このループはなんとかせねば。

と挑んだ翌日、前日の空回りを反省してかなりかなりかなーり踏んだしかなり追い込んだつもりだったけど、それでも7:45ぐらい。今年のresultとしては平均より遅いぐらいのレベル。ぐぬぬぬぬ、と思って更に翌日思いっきり思いっきり、ひょっとしてケツからウンコ漏れてても気づかないぐらい思いっきり踏んで回してみたところ、、これがまた無慈悲に8分超え。

何をやってもとろい。登れない。体がバラバラな感じ。

なんだよ、、ロングライドでフォームがよくなるとかいいことばかり読んでたけど全然だめやんか!!

と思ってびわいち走ったあたりから何があったか思い起こしてみたら、そういえば自転車のメンテをした。そん時にサドルの位置を調整した。。。。これか?これが原因なのか??

ちょっと後ろ側にして若干前に傾斜をつけたんだけど(これは意図してそうした)これがダメだったのか?いや、これはこうしたいのだから、それに対応した乗り方ができていないということだな??

ははーん。わかったぞ。
サドルの位置が変わったのに自分のフォームが従来のまま従来の踏み方で従来の努力をしたら従来より悪い結果が出たということだな。

分かればよろしい。ロングライドの効果とかに目がくらんでサドルの位置問題を忘れていたけどここを具体的に改善せねば。

という訳で木曜日。
正しい原因を発見し、正しい努力が実ります。
7:06。自分にしては早い。月曜日と比べて1分近く短縮。なるほどね、と思いました。努力は濃度ではなく向ける方向こそ注意せねば。
6分台のイメージも見えてきた。いけそうなのは正面切っていかないとね。189cmの人が「ほぼ190cmです」というようなのになっちゃだめだ。

・心拍計+腕時計MioFuseが文鎮化した。輸入品なのでメールで問い合わせたらバッテリーを完全に空にしてから再度試してくれと言われたけどバッテリーが空になるまで何週間かかるんや、、

100x2

昨年末大晦日に、びわいち(琵琶湖一周自転車で走る)を走ろうとして途中で二度パンクしてタイヤも割れて自転車屋も無くて泣く泣く途中で引き返すという2015の記憶を洗い流さねばならないので4月になるまえのこのタイミングで!再度びわいち行ってきました。

あのパンクのあとにコンチネンタルのGrandprix4000S2っていうタイヤにかえたんだけどこれがすごく良くて。安心感あるし、走ってて延びるイメージがすごく伝わってくるし振動もキツくない。それまでデフォルトでついてたタイヤで走っていたのでこれに替えたときは「これチートやろw」って思いましたが、そこら辺走ってるいわゆる先輩たちはみんなこんなチートをタイヤだけじゃなくてホイールやらフレームやら、いろんなところに投入しているんやな。自分はこのタイヤだけでも結構満足してるけど、これだって「耐パンク」「ロングライド」で検索してよさそうなタイヤ使ってるだけなので、「速い」とか「レース」とかで探してたらもっとチートを感じたかも。でもこの選択は本当によかったと思う。

 朝8時過ぎにびわいちへ。
 寒いような気がしたのと、どうせ風が強い予感がしたのでウインドブレーカーをリュックに入れて持っていくことにした。実際着るのはSUGOIのジャージ。インナーにはなぜかこの前しまむらで買った速乾のロング。これが意外といいというか、気に入っている。走ってて汗もほとんど感じないし寒さも感じさせないような。

 自分が自転車で滋賀県に行く方法は四ノ宮から小関越えってところを通る方法のみしか知らないのでもれなくそこを通ることになる。実は数日前にこのあたりで人間の白骨が発見されたという噂があったけどそんなこと気にしてられない激坂。ただしそんなに長くないので疲れるけどすぐ回復するぐらい。自分は長くて緩いほうが苦手だ。そして下りの方が長いので帰りに同じこのコースを逆から登るときがこの時点ですでに思いやられる。急だし、比較的長い。

滋賀県到着。三井寺から出て右回りがビギナーコースなのでそれを。おれの自転車ライフのテーマはいかにライトにカジュアルに、そしてにわかに、なのだ。決して決してコアな方向に向かってはならぬ…

20160326_002254021_iOS前回パンクして琵琶湖大橋のところであきらめて橋を渡って帰ってしまったので、そこまでは「知ってる道」だったのであっという間に行けた。当たり前だ一本道なんだから。だけど知らない道って長く感じるよね。最初に走ったときはずっと「まだー!?」って自分の中で思いながら走ってた。とりあえず彦根までは休憩したらあかん気がして頑張って彦根に向かう。
最初からボトルにドリンクを入れて持っていけばいいんだけど面倒くさいのでいつも途中のコンビニでポカリとかアクエリアスを買ってるんだけど最近のPETBOTTLEって細くなっててボトルゲージに入れても抜けてしまうんね。すぐに抜けないんだけど衝撃で揺れたりするとすぐ抜ける。次はちゃんとボトルに入れたい。ライトな自転車乗りには学ぶことがとても多いです。走るたびに経験があります。音楽の世界では「知ってた」が最初から用意されていたようなもので、味わえなかったことが多いんですが自転車の世界はすべてがゼロから、フラットな状態から始まります。これが私の望んだ世界の一つであります。おっと自分語りやめ


20160326_015411642_iOSあ、そうそう。今回初めてサングラスをつけてみたんだった。自転車ようのやつね。以前から持ってたけどわざわざすることないかなーって思ってたんだけど、つけてみるとこれが超快適。ゴーグルとして風も防げるし、まぶしくないし(琵琶湖の日差しは結構やられる)髪の毛も目に入らないし。自分内では5%程度の負荷軽減になってるような気が!した!おかげ様であっという間に彦根突入。

20160326_021927541_iOS
 コンビニでおにぎり買ってトイレ借りたんだけど、うわさに聞いてましたけど琵琶湖周辺のコンビニにはサイクルスタンドが常設されていました。しかもその枠が広い!相当停められます。
さーて、ここまではほとんど一本道みたいなものだけど、この先の地図を全然知らんので大変やぞ、、、と思いながらiPhoneで地図を確認。あれ??もうバッテリー残量が20%を切っとる、、、
若干の嫌な予感を感じつつも休憩しすぎたらよくないので北上することに。地図見てたらほとんど北上しきっていたつもりになっていたけどそこから先も湖北までは距離が結構あったように感じた。ひょっとしたらそんなに距離なかったのかもしれないけど知らない道だったから長く感じた。
途中で片山トンネルっていうのに突入するときに、普段サングラスなんかしないものだから「サングラスを外す」という行為を知らずに突入してしまった!!しかも前方ライトも途中まで点灯させるのを忘れていてパニック!真っ暗!トンネルは大型車がブーンブーンと通ってその風圧だけでも転倒してしまいそうだし、足場は狭いし車道側に落ちたら段差が結構あるし軽く死ぬなこれは、、と思いました。倒れるなら壁側にと思って震えながら走りましたがトンネル自体は短くて、でも脱出した時は体の左半分が真っ黒でした(壁に激突しながら進んだため)。これがライト層や、、、何もかも経験していってるぞーと無理やり喜びの半笑いで北上北上。
びわいちっていうぐらいなのに、北上していくと全然琵琶湖見えへんやん、って場所まで行きます。なんじゃこれあってるのか?と思ってiPhoneみたら

道を間違えてました

あーやっぱりwということでコンビニでサイコン(サイクルコンピュータ)pauseにして休憩&地図確認。よーしさぁ出かけるぞー、と思ってサイコン再開ボタンポチッ!っと押したら、、走行距離0mって出てる、、ええええええ?はあああああ?しかもサイコンは主(iPhone)を見失っているよう。なんで・・と確認したらiPhoneのバッテリーが逝ってました。自分は200km走ってきたで!というのがやりたかったんですがここで記録が分割されてしまった。幸い115kmは走った段階で途切れていたけど記録されていた。悔しいけどトータル200kmは次回チャレンジの動機になるからまあええわ。おもろうて、やがて大変、ライト層。

さて、ここから先には、さすがに事前に調べていた賤ヶ岳トンネルが待っている。ここはびわいちで一番の難所と言われていたので知っていた。親切な方のブログでは、ここを通ってはいけない、とまで書かれていた。危険な理由は先ほど自分が片山トンネルで味わったことと同じようなこと。ただし距離がさきほどよりも長い模様。押して歩くか??と思ったけど、この賤ヶ岳トンネルには別に旧賤ヶ岳トンネルというのが山の上にあって、そこなら安全だ、という情報も入手していました。だけど、その旧賤ヶ岳トンネルは四月まで走っちゃだめ!って情報も更にあって、他にも旧なのか旧じゃないのかはっきりしない情報もいっぱいあって、わけわからんから当日目の前にしてからどうするか決めよう!と思ってました(道とかトンネルを新旧で命名するのやめてくれんかな、、検索性がとても悪いんやで、、)。

20160326_041956863_iOSさて賤ヶ岳トンネルを目前にしたら、、「あかん、これは押して進んでもいいけどつまらなそうだ。山登ろう」と即断して、びわいちは平地ばっかりのロングライドなので唯一となる山登り!ああヒルクライムって安全でいいなぁ、、とつくづく思いました。山自体はたいして距離もないのであっという間に登って安全なトンネルも通過。この写真の小さなトンネルが安全だったトンネルです。

20160326_042109733_iOS
トンネル抜けたら…絶景!!
びわいちの中で一番いい景色でした。やっぱり景色は山の上から見るのが最高だね。下の怖い方のトンネル走ってたらこの景色見れなかったとかひどいわ。

そこから先はもうまっすぐ琵琶湖の淵を走りに走って(慣れてくると退屈そうにも思えるが今回は初見なのでなにもかもがワーオと思ってすごせました)白髭神社のあたりも危険と聞いていたけどどこかが危険なのかわからんまま延々走って戻ってきました。湖西は退屈との闘いかもしれん。途中で左肩が痛くなってきたけど停車するときのフォームに原因があるような気がしたので改善したい。

あと、自分は今のところレーパン(レーシングパンツ)ははかない派なんですが、びわいち走ってもちょっと痛いぐらいで、走れないほどには痛くならなかったので今のところレーパンが必要だという方向には向かわないですね。できるだけカジュアルに、でいきたいです。もちろん知らない自転車の先輩たちには軽くナメられますが、それでいいのです。ライト層を全うするのです。

あーびわいち終わったー!と思ってましたが、うちに帰りつくにはまだ、、小関越えがあるがな、、、帰りの小関越えは決して楽ではありません。勾配も三段階で後半きつくなる感じだし、曲がってるしそれなりの距離があるし登り終えたと思っても続くし、でもなんとか登れるぐらいの感じだし(これがきつい)。ああもういややーというぐらいでギリギリ登れますが本当にLIFEを使い果たしてしまいます。結局きついのはびわいち全部よりも小関越えの方がきつかったwということになりますね。あとは経験を得たことの方が大きい。どれも走る前から本とか読めば書いてあるような当たり前の経験(サングラスはトンネルでは外すとか)ですけどね。

20160327_094833000_iOSそしてうちの近所まで帰ってきてサイコンみたら二回目の走行が95kmぐらいになっていたので寄り道して無理やり分断された二つの記録両方とも100km越えにしておいた!
ついでに今週の走行距離もきれいに400kmになってた!いぇい!(でもフォローしている人は今月だけで1700kmくらい走ってるんやなぁ、、何してる人なんやろ)




ハム解体

仕事関係で、やろうと思えばいくらでも考えることはあるような気がするけど誰もどのぐらい価値があることをしているのか評価できるような人がいないのであまり積極的に頑張る気がしない。僕に言っておけば週末にコンピュータが作品を作って週明けに持ってくるだろう、ぐらいに思われてる感が伝わってきて刃向かいたい気分満載だ。

という訳で僕に週末やってほしい仕事が何なのかはだいたい察しているけど、もう察さないことにしたので知らんがな。ワイはワイの週末を。

20160320_023126815_iOS20160320_023325370_iOS日曜は流れ橋まで走ってきたけど、知らん間に流れ橋がほぼ完成していておどろいた。来週末?にもう開通するんだってさ。チャリ乗って渡ったらアウトらしいけど押してならOKだそうで、はやく行きたい。

20160321_025920659_iOS月曜は、京見峠〜杉坂〜持越峠〜江文峠を走ってきた。このコースは通称「HEART」って言って、このルートを結ぶと地図で見るとハートマークになる、、、はずなんだけど、僕は自宅から出発してしまっていて、起点と終点がキュッとしまらないルートになってて全然ハートじゃなかった。失敗だ。悔しい。コースは負荷がちょうどよかったのでまた走りたい。だけど帰ってきて何キロ走ったかなーって見たときに50km以下だと結構がっかりするのでせめて70kmぐらいは走りたいなぁ。最近コースを知りたい欲がある。


今日はそんなことよりも!これですね!


もう記憶のかなたになってしまいましたが、reverieyさんが僕の「三月の窓」をDIVA EDITでPVにしてくださいました。かなり力作で、はああああこんなんだっけ?と自分でも忘れていた部分とかもあって新鮮に何もかも感じました。自分が今この作品を見て思うのは、この作品は好きだ、ということです。今の自分がこの曲を作ったらどうか、と考えると、弦のアレンジは良いけどフルートの動きがワンセンテンスごとにカウンターっぽい感じすぎてちゃんとフレーズになってないというかただの合いの手みたいになっているというか、、、これ当時もそんなこと感じていたような気もしますが、、、細かいところでケチがつくのはつくんですけどね。まぁそのへんは音楽に関しても自己を更新するチャンスがあるのかな?とも思えばいいんじゃないですかね。
褒められた点は、なんといっても三人のボーカルが順番に回っていくところですね。ああいうのは面倒くさくてよおやるわ、と思いました。

あたたたった!

・アタック=attackってtを何個続けて書けばいいかわからなくなるよね。

IMG_4934・自転車ウェアとかはだいたいwiggleっていう外国の通販で購入しているけど、レビュー書いたらなんか当選したらしくて£100もらえたー!やったー!うれしいのでホイールでも買ってしまおうと思う。zondaがコスパ良くてカジュアルでいいような気がする。とにかく最大公約数を選択していくのだ。決してここでコアな選択をしてはならぬのだ。にわかを全うするのだぞ。

・拾得で塚本功&山本精一という無さそうな組み合わせのライブがあるのでとても行きたかったけど仕事が終わったらライブも終わってそうな時間だったのであきらめた。いった人によると、山本精一もすごくよかったようです。

・beatportが楽しくなってきた。自分で選曲したりこだわったりすることなく、他人にゆだねて名も知らない音楽を連続で聞いていると見えてくるものがたまにあるかも、と思った。音楽は金になってもいいけれど、金にならなければならないというのは違うと思うんだよね。
 何かをしている時、その場の空気や気分を彩ってくれる、ぐらいのが今自分に必要な音楽の在り方。だから音楽が主役になるのは自分の中では頑張りすぎで、お金をもらうのは相当ラッキーなことで、お金を稼がねばならないというのは相当倒錯しているように見える。たとえば音楽を他の趣味と置き換えてみても「自転車に乗る限りはお金を稼がねばならない」なんてならないよね。自転車に接するように音楽と出合いたいなぁ。

■■本日のオススメ■■
17/12/27
【鏡音リン】サイレントカーブ【vocaloid】


「サイレントカーブは結果を平均する」かっこいいことばだと思いませんか?僕は思ったんです。

16/12/24
【鏡音リン】空席エンドロール【vocaloid】


エンドロールで帰る人ってそんなに忙しいの?

16/6/30
【リン・ミク・ルカ…レン】六月の窓【オリジナル・PV】


雨なんかずっとやまなきゃ、みんなどこにも行かなくて幸せ。

15/12/23
【鏡音リン・レン】15の夜【オリジナル】


2015年のX'masはこんな感じ。わかりやすい引用をたくさんしていますので探してみるのもいいかもしれません。冒頭はlong as I can see the lightです。動画知恵熱でる。iOSの15パズルおれ5位(2015/12現在)なんやぞ

14/12/24
【鏡音リン】 回送行路 【オリジナル】


2014年クリスマスソング。なにげに初めてAddictiveDrumsを使いました。スペルあってるかな。動画が涙でる

メール:
sunzriverはーとgmail.comまで送ってください。 はーとのところは「あっとまーく]を小文字にしたものに置き換えてください。スパム防止ゆえ。
livedoor プロフィール

すんzりヴぇr

音楽を作るのと自転車に乗るのが好きでなければならないと頑張って思い込んでいる姿が悲痛だとよく言われます。もっと楽しいことを紹介してください。買い物大好き。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
strava activities
Recent Comments
  • ライブドアブログ